知恵袋で効果が紹介されているダポキセチンとパキシル

パキシルは神経伝達物質のセロトニンがストレスなどで減少してしまうことを防ぐお薬で、早漏の人が利用すると脳内の興奮が一定に落ち着くことで性的敏感になって射精してしまうことを長引かせてくれます。このような薬をもちいることで、満足できる結果を得ることができれば自信にもつながってきますし、早漏による悩みからストレスを抱えてしまうことも無くなっていきます。

知恵袋でパキシルを使っている人の効果などを見ると、射精まで満足できる長さを持続できている人もいれば、中々思い通りにいかない人もいます。体質もありますし、効果が実感できなければ別のものに替えるのも良い方法です。パキシルには副作用があって、勃起障害になる場合があります。もともと抗うつ剤で使われていて、早漏にも良い薬ですが勃起不全になっては射精に至ることもできなくなります。知恵袋でも早漏の人に勧めているのはダポキセチンで、こちらもうつの治療にもちいられていましたが、セロトニンの量を高めるものであるため、同じように早漏に効果が期待できます。

知恵袋ではダポキセチンで効果を実感した報告をしている人が多数いて、これまでよりも3から4倍ほど射精までの時間が長くなっている人もいます。海外の薬のため、個人輸入代行のショップに依頼して買い求めることができたり、通販で正規代理店に注文して配達してもらうこともできますが、信用できるところに頼まないと偽物など品質の悪いものを買ってしまう可能性があるので注意が必要です。

個人で買い求めたときには、ダポキセチンの服用の仕方を十分に把握して正しい使い方をするべきです。安全に服用しないと体に負担がかかってしまいますし、副作用も出やすくなります。ダポキセチンの保管方法なども気を付けましょう。