ストレスや心の病気の早漏対策にダポキセチンを使う

早漏では敏感になりすぎて、すぐに射精してしまうタイプがありますが、これとは違って精神的なストレスが原因の、早漏が存在します。心因性の早漏とも呼ばれており、主に若い男性が発症しやすいとされていますが、ストレス社会といわれるように、年代に関係なくあらゆる男性が心因性の早漏に悩まされています。
心因性の場合、性行為にまだ慣れておらず、性的刺激に即反応してしまったことが心に残り、常に不安を抱きながら性行為をするというのもよくあります。
また、情報が氾濫しているのが原因で、誤った知識を得てしまい、自分の行為や体質が異常であると思い込んだり、女性の前で緊張してしまう男性も、心因性の早漏を引き起こしやすくなります。
心因性の場合は原因が複雑ですので、場合によっては心の病気を治す方向に向かうケースがありますが、それよりもまずは、早漏の病気自体を改善するのが大切です。
早漏改善薬として、ダポキセチンという成分が存在します。ダポキセチンは早漏の改善薬としては大変優れた効果を持っており、ストレスなく性行為を行うことができます。ダポキセチンは元々うつ病の治療に使われていた成分ですので、心の病気が原因である場合にも効果を発揮してくれる期待感があります。
しかし、ダポキセチンはうつ病の薬と併用すると、効き目が強く出てしまう恐れがありますので、先にうつ病の治療を行っている人は、医師に伝えておきましょう。併用に注意したい抗うつ剤として、モノアミン酸化酵素阻害剤、塩酸チオリダジン、リチウム、ネファゾドンの成分が含まれたものが該当します。特にネファゾドンが使われる抗うつ剤との併用は厳禁です。
また、時間や用量を守って服用することも、病気を治す上では大切なことです。